たかさき子ども友の会

  学力も大事 でも もっと大事なのは生活する力 

  みんなで力を合わせて「生きる力」をつけよう

   友の会では小学生に5つのことを大切に働きかけています。

1. よい生活習慣を身につける

2. 生活力を身につける

3. 人のために力を出す

4. 感謝する心を育む

5. 表現 思いを伝える

日時  毎月1回第2土曜日 10:00~12:30  年間12回

      (8月のみ第1土曜日10:00~15:00)

    4/4   5/12    6/9   7/14   8/4    9/8    10/13     1/10    12/8     2019/1/12   2/9   3/9


婦人之友社から出版されている『子供読本』

自分で考える力が育つ

すべての子どもに手渡したい1冊 

既刊『羽仁もと子著作集第12巻子供読本』の中の「新選いろはかるた」をまとめた新しい1冊。

 

「力はでるもの出せるもの」「寝ていてころんだためしはない」「打てばひびく」「めんどうしんぼう」ーー。『子供読本 いろはかるた47話』は婦人之友社の創立者羽仁もと子が、子どもたちに「自分からすすんで行動すること」や「思いやりをもって人と接すること」を短いお話を通して伝えている1冊です。
毎日の生活の中で、苦手なことやたいへんなことがおきたときに、「自分はどういうふうに考えるか」「どんな気持ちを大切にするか」など、子ども自身が自分で考え、生きる力が育っていきます。生活習慣、学習習慣がしぜんと身につく子どものためのお話集。ふりがなつきなので、低学年から自分で読めます。心にずっとずっとのこる47話をぜひ、子どもたちに。 婦人之友社ホームページより


『子供読本』を読書して畑での農の体験とご飯とみそ汁を中心とした食の実習を通して自ら感じ、考え行動し、仲間とともに生活する力を育てていけるようにと願って活動しています。


ご飯・みそ汁つくり

夏休み エプロンに野菜でスタンプ


2017年度を終えて子どもたちと母親の感想

  • はたけやいもほりやたねまきがたのしかったです。つぎの4月もまたやりたいです。(1年)
  • 友の会のおかげでおみそしるが作れるようになりました。ママ、パパ、おねえちゃんが「おいしいね!」といってくれたので、友の会にはいっていていいと思いました。(2年)
  • 子ども友の会でいろいろなことがわかりました。(4年)
    • 子供どく本でたくさんあるお話を読んで、自分のやれなかったことが少しだけできるようになりました。
    • ごはん作りでよくやさいをきっていたので、ほうちょうのつかい方が上手になりました。コンロに火をつけることもできるようになりました。
    • 畑の仕事で天地かえしやさつまいものツルかえしというやり方がわかりました。さいごに、時間がまもれたことがよかったです。子ども友の会をまたやりたいです。
  • ほとんど参加ができなかったけれど楽しかったです。おみそしるおいしかったし、にぼしもおいしかったです。畑の仕事もたのしかったです。本はためになりました。(5年)
  • おみそ汁作り、畑いろいろな物を作ってとっても作るのが楽しくなりました。自分でお米とぎができるようになり、お米を毎日、夜自分でといでたく係になっています。朝、みんなが「とてもおいしいごはんだね!」(お母さん、お父さんがおべんとう、妹は朝)といってくれてうれしいです。ずっと大人になってもお米とぎや友の会などをさんこうにしていきたいです。♡おわり♡(5年)
  • 長靴をはいて畑作業も楽しかったそうですが、味噌汁を作ったり、豆腐を切ったり(?)、二人とも、毎回楽しかったと話してくれました。長男は7・8月だけ参加させていただきましたが、「子ども友の会なら僕いくよ」と一声でした。二人とも夏野菜のスタンプがとても楽しかったそうで、私も楽しいエプロン作りを思いだします。ぐるっとミシンをどうにかかけ終わった、と思ったら、下糸がうまくいっておらず始めからやり直しになったり(苦笑)、でも、キットがあれば何枚もつくってみたい、とおもうほど、シンプルなのにしっかりした作りに出来上がりには感動しました。私が初めて作った料理でも、「友の会のレシピだよ」というと安心して、残さず食べようとする二人です。1年間ありがとうございました。(2年生・6年生の母)