小中高生の親の集まり

予告  9月8日(土)10:00~12:30

読書  「まかない種はいつはえる」-子供読本-


7月14日(土)10:00~12:30

読書  「歴史は繰り返す」-子供読本-

内容   子どもエプロンを縫う


6月9日(土)10:00~12:30

読書  「朝起万円」-子供読本-

内容   子どもエプロンを縫う

 

高崎子ども友の会保護者会がありました。

参加者  保護者6名  スタッフ2名   乳幼児2名内容    

  • 読書
  • 子ども友の会と同じようにご飯炊きや味噌汁作りを体験しました。味噌汁の具は1年生が切って持ってきてくれました。子どもたちは楽しかったと言い、親たちは子どもたちが頑張っている姿をみることができて良かった、ほっとしたという感想。
  • 教育費しらべのこと、おこづかいのことなど話し合いました。
    • 日々の生活がその人間(ひと)の土台を作っているというお話はとても心に響き、うなずきながら聞いている様子が印象的でした。
  • 家庭で困っていることを聞くと 
    • 殆どの保護者からテレビやビデオに夢中になって就寝時間が遅くなってしまう、メディアとの付き合い方に困っている様子です。

5月12日(土)10:00~12:30

読書  「労するものにむくいあり」-子供読本-

子ども友の会と同じ所を読む。

  • 子どもたちが頑張ることで労に対する報いを受けられるようにするのが親の労
  • こんなに簡単にやってくれるようになるには、どういう工夫・声かけが必要か
  • 1,2回はできても継続するのが難しい
  • 入学に向けての片づけ、子どもも巻き込んで共有したのがよかった
  • 親がしてほしいことも言い方を変えると結果が違う
  • 子育ては自分に忍耐をする時期。毎日が予想外と思っているほうが良い

子どもエプロンを一緒に縫いました。衣生産の方に教えていただきました。

7月の集まりまでに縫い上げ、8月の子ども友の会ではそのエプロンに子どもたちがスタンピングをします。

 

集まりを2回持ちましたが、こういう集まりにすべきと考えず、まずは皆が本音を言える場になることを大切にしていきたいと思います。

 


4月14日(土)10:00~12:30

読書  「宝の山はどこにある」-子供読本-

内容   今年度の活動について話し合う

 

今年度から、高崎子ども友の会と同じ日時に小中高生の母の集まりを友の家2階でもちます。子ども友の会と同じところを読書してから、情報交換をしながら、楽しく有意義な時間が持てればと思っています。まずは参加をお待ちしています。